IIJmio|話題の新スマホ受付開始。
motorola edge 30 pro / moto g52j 5G
特価は2022年7月31日まで

A14 Bionic搭載 iPhone 12 Pro AnTuTu Benchmark のベンチマークスコアを計測

スマホ CPU
スポンサーリンク

Apple独自のSoC(Apple Silicon)搭載スマホでベンチマークテストを行う連載。

1回目は「A14 Bionic搭載 iPhone 12 Pro」を使ってレビューします。

appleの製品ページを確認すると A14 BionicというSoCが搭載されているとわかります。

A14 Bionicの性能を試してみたくて、iPhone 12 ProにAntutuベンチマークをインストールしてベンチマークスコアを計測しました。

AnTuTuベンチマークスコア

iPhone 12 Pro AnTuTuベンチマークスコア

A15 Bionic (iPhone 12 Pro) AnTuTu Benchmark
A14 Bionic (iPhone 12 Pro) AnTuTu Benchmark
ベンチマーク結果(v9.0.4)709,214
CPU189,512
GPU281,553
MEM115,933
UX122,216

以下は、さらに複数回AnTuTu Benchmarkを行ってみたところ。

A14 Bionic (iPhone 12 Pro) AnTuTu Benchmark スクショ
ベンチマーク結果(v9.0.7)751,487
CPU193,033
GPU311,208
MEM121,865
UX125,381
A14 Bionic (iPhone 12 Pro) AnTuTu Benchmark スクショ
ベンチマーク結果(v9.0.7)749,256
CPU189,176
GPU309,177
MEM122,479
UX128,424

iPhone 12 AnTuTuベンチマークスコア

A14 Bionic (iPhone 12) AnTuTu Benchmark
A14 Bionic (iPhone 12) AnTuTu Benchmark
ベンチマーク結果(v9.0.7)715,165
CPU194,798
GPU308,852
MEM83,294
UX128,221

以下は、さらに複数回AnTuTu Benchmarkを行ってみたところ。

ベンチマーク結果(v9.0.7)710,180
CPU190,337
GPU305,943
MEM86,704
UX127,196
ベンチマーク結果(v9.0.7)685,385
CPU190,682
GPU278,694
MEM87,228
UX128,781

A14 Bionic と A13 Bionic の比較

A14 Bionic(iPhone 12 Pro)の AnTuTu Benchmark は 709,214
A13 Bionic(iPhone SE2)の AnTuTu Benchmark は 565,491

上記のiPhoneで比較した場合、15万ほどの差が出る結果が確認できました。

A14 Bionic 搭載スマートフォン

A14 Bionicを搭載しているスマホは、iPhone 12 Proに加え、他にも以下のようなスマホがあるようです。

A14 Bionic 搭載スマートフォン
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

iPhone 12 シリーズにはA14 Bionicが搭載されていることがわかります。

スマホではありませんが、タブレットとしては iPad Air (第4世代) にA14 Bionicが搭載されています。

A14 Bionic への管理人の感想

管理人
管理人

あくまでも管理人の個人的な感想となりますので、参考程度にご覧ください。

A14 Bionicのスコアは iPhone 12 Pro の AnTuTu Benchmark(v9.0.4 / v9.0.7)にて709,214〜751,487、iPhone 12 の AnTuTu Benchmark(v9.0.7)にて685,385〜715,165というスコアを出しました。

管理人個人は20万後半〜30万スコアのスマホはハイエンドスマホ(少し感覚が古いのですがw)、という印象がありますので、70万超えのスコアはとんでもないモンスタースペックと言えます。

とは言え、2021年後半にもなると他社製のSoC(Snapdragon 8 Gen 1)ではAnTuTu Benchmarkスコアの100万超えるという噂も飛び交っています。

2022年にはハイエンドスマホ = AnTuTu Benchmark スコア 70万〜100万ほど、という感覚になっていくのかもしれません。

2021年12月現在、管理人はiPhone 12 Proに NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)というゲームをインストールしてプレイしていますが、基本的には快適に動作をしています。

しかし、長時間連続してゲームを行っていると、時々カクカク動作する場面がありました。そういった場合には一度アプリを落として再度立ち上げると快適動作に戻ります。

ハイエンドスマホと言っても、使う頻度や状況によってはカクカクすることもあるのだなぁと思ったところです(ハイエンドゆえの3Dグラフィックなど高負荷な処理でもできるでしょ?的な期待もあるのかもしれませんが)。

ローエンドやミドルレンジのスマホをレビューする時あまり期待値が高くないせいなのか予想よりサクサク動くと「できる子!」と感じてしまいますが、ハイエンド機種にも期待値が高いのが前提のため、ちょっとでも鈍い動きをすると「何?!この子!」と思ってしまいがちではないかと感じた管理人でした(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました