IIJmio|Redmi Note 11 一括980円(税込)!
2022年5月31日まで

Xiaomi 11T Pro わずか17分で100%フル充電できる 120W Xiaomi パワーチャージの威力を体験

スマホ試してみた
スポンサーリンク

こんにちは!Xiaomi 11T Proを満喫中の管理人です。

Xiaomi 11T Proの特徴のひとつである120Wの急速充電。付属(以下、純正)の120W電源アダプタも存在感があり(重量もあり)パワフルさを感じます。

Xiaomi 11T Pro 純正120W電源アダプタ
Xiaomi 11T Pro 純正120W電源アダプタ

このXiaomi 11T Proの120W Xiaomi パワーチャージという急速充電を利用すれば、わずか17分で100%まで充電できるという事が公式サイトに書かれていましたので実際に試してみました。

Xiaomi 11T Pro 純正120W電源アダプタと非純正USB-Cで充電

管理人は初めてXiaomi 11T Proの充電を行う際、純正USB-Cを使わずに普段使っている非純正USB-Cを使って充電してしまいました。

すると、どうでしょう。

純正120W電源アダプタと非純正USB-Cで初めて充電を試した際に1時間ほどかかってしまいました。

8:12 10%
8:34 53%
8:52 83%
9:11 には100%になっていました。

非純正のUSB-C充電ケーブルで充電している図

このような結果をTwitterで呟いてみたところ、純正USB-Cを使わないと急速充電(120W Xiaomi パワーチャージ)はできないことをアドバイスいただきました。

純正USB-Cを大事にしまっておこうと横着してはいけません(笑)

Xiaomi 11T Pro 純正120W電源アダプタと純正USB-C充電ケーブルで充電

今度は純正の120Wの電源アダプタと純正のケーブルで充電してみることに。

純正USB-Cを取り出して充電を開始すると、120W MAXという表記でハイパーチャージの急速充電である事を確認!

Xiaomi 11T Pro 120W MAX
純正USB-Cで充電すると120W MAXという表示され

この写真の撮影時が13:20でした。写真準備をして撮影している間に10%になっていましたので充電の速さを実感。

以下、実際に経過観測している写真です。

13:20 10%
13:23 30%
13:28 62%
13:39 には100%になっていました。

13:20の充電開始時では6%だった充電が13:39には100%となっていました。所要時間はおよそ19分。公式サイトで案内されている17分とは少し違いますが、近しい時間で充電できているのがわかります。

120W Xiaomi ハイパーチャージについて

Mi 9に採用された有線高速充電(27W)
→ Mi 10 Proに採用された有線高速充電(50W)
→ Mi 11に採用されたターボチャージ(55W)
→ Mi 11 Ultraに採用されたターボチャージ(67W)
→ Xiaomi 11T Proに採用されたハイパーチャージ(120W)

と徐々にワット数を上げて進化してきた様子です。

例えば、Macbook Airに付属している充電器は30W USB-C電源アダプタです。ノートPCに付属している電源アダプタよりもワット数の大きい充電器となりますので、ハイパーチャージの強力さが想像できます。

120W Xiaomi ハイパーチャージ(バッテリー充電)の仕組み・安全性・温度管理・認証取得・についてXiaomiの公式サイトで紹介されています。

120W Xiaomi ハイパーチャージ おすすめの使い方

純正の120Wの電源アダプタと純正USB-Cを使うとわずか17分で100%のフル充電ができます(管理人が試した場合は6%〜100%までの充電で約19分)。

スマホは夜のうちに充電して朝100%フル充電しているという方も多いと思います。管理人もそうです。

120W Xiaomi ハイパーチャージを使えば、朝起きてご飯を食べて歯磨きして着替えて、、、と身支度をする20〜30分ほどの時間でフル充電ができてしまいます。

一晩中スマホを充電する必要がありませんので、身支度しながら朝の時間を有効活用して充電することができるのはおすすめの使い方です。

120W Xiaomi ハイパーチャージのデメリット

スマホの充電器(電源アダプタ)としては少し大きく重量が184gあります。

Xiaomi 11T Pro 純正120W電源アダプタの重さ
Xiaomi 11T Pro 純正120W電源アダプタの重さ

Xiaomi 11T Proの重量が約204gですので、スマホ本体と電源アダプタを持ち運ぶと約388gとなります。

その程度の重量であれば気にならないと言う方にとっては急速充電のメリットがありますが、カバンが嵩張るのが嫌・重くなるのが嫌と言う方にとってはデメリットを感じるかもしれません(管理人はカバンを軽くしたい)。

120W Xiaomi ハイパーチャージを体験した感想

とにかく充電が早い!驚愕!あっという間です。

管理人
管理人

管理人は初体験の時、思わず「おおお!」っと叫んでしまいました😆

朝の身支度の間の充電におすすめと書きましたが、それに限らずスマホから離れているわずかな時間を有効活用して充電するだけでも数%〜数十%は充電が回復しますので、とにかく早くスマホを充電したいと思っていた人にはおすすめできるポイントだと思います。

Xiaomi 11T Proはスナドラ888を搭載しているハイエンド機種ですので、3Dゲームがしたい!というニーズにもしっかり応えてくれると思います。スナドラ888のベンチマークスコアは次の記事でご覧いただけます。参考程度にご覧ください。

3Dゲームは特に充電の消費も激しいですので、120W Xiaomi ハイパーチャージは重宝しそう。

なにより、120W Xiaomi ハイパーチャージの驚愕の充電スピード、ぜひ体感してほしいです。

Xiaomi 11T ProとOCNモバイルONEのスマホセットならお得なプライスで購入できる機会もあります。気になる方はチェックしてみてください↓

スマホ試してみた
この記事を書いた人
管理人

当ブログの管理人です。スマホやパソコンなどのガジェットいじりが趣味。気まぐれで実機レビュー、スマホ料金の見直し、お得情報などを発信しています。写真に時々登場する羊毛フェルト(ぬいぐるみ)は管理人作。

管理人をフォローする
ハローモバイルワールド

コメント

タイトルとURLをコピーしました