楽天モバイル|iPhone超トクのりかえキャンペーン!最大20,000円相当分をポイント還元!

iPad mini 初代(iOS10以下) Let’s Encrypt 証明書のサポートが終了…

実機レビュー
スポンサーリンク

悲報です。。。
悲しいお知らせです。(T . T)

本日分かった事なのですが、iPad mini 初代(iOS 9.3.6)でハローモバイルワールドのサイトを閲覧しようとした際に、以下のようなエラーメッセージが表示されて閲覧できない事に!

この接続ではプライバシーが保護されません
攻撃者が、hello-mobile-world.com上のあなたの情報(パスワード、メッセージ、クレジットカード情報など)を不正に取得しようとしている可能性があります。 NET::ERR_CERT_DATE_INVALID

当サイトでは、パスワードを入力する場所やクレジットカードを入力したりする事はないのでその心配はありませんが、エラーが出て表示されないのは気になります。

閲覧できない原因は Let’s Encryptのサポート対象外である事

Let’s Encryptのルート証明書「DST Root CA X3」が2021年9月30日に有効期限を迎え、新しルート証明書「ISRG Root X1」を使う事により、古い端末への影響が出ている事がわかりました。

iOSは10以下のバージョンは対象外という事で、管理人の使っていたiPad mini 初代(iOS 9.3.6)はまさに対象のOS。閲覧できなくなったのが理解できました。

古いハードウェアはメーカーのサポートも無くなってしまうので仕方のない事ですが、少し寂しい思いの管理人です。

この問題を回避するにはSSL証明書をLet’s Encryptから他のSSL証明書に変更する(その際にも必ずどのOSが対応しているのかを確認する必要がある)などが考えられます。

iPad mini 初代(iOS 9.3.6)を初期化してSafariで閲覧してみた

一度手間なのですが、iPad mini 初代(iOS 9.3.6)を初期化(リセット)してSafariで閲覧してみました所、以下のようなアラート文章が出ました。

サーバーの識別情報を検証でいませんとアラートが表示された

サーバーの識別情報を検証でいません
“hello-mobile-world.com”の識別情報をhello-mobile-world.comで確認できません。続けるには、証明書の詳細を確認してください。

アラートの続けるボタンを押すと、Webサイト自体は閲覧に進む事ができましたが、詳細ボタンを押すと証明書の内容を確認することができますが、期限が過ぎているという内容が赤文字で表示されました。

Let’s を採用しているサイトを閲覧する場合には「サーバーの識別情報を検証でいません」のメッセージが表示される事がしばしばあるのかもしれません。

解決策としてはやはりサーバー側のSSL証明書を切り替えるかどうか

後に記載しています参考サイト、さくらのSSLの記事の回避策を参考に(iPad固有の問題に対する回避策ではありませんですが)FireFoxをインストールしてみようと試みましたが、iOS9.3.6にはすでに対応しておらず、、、。さらにはChromeも対応しておらず、iOS9.3.6に搭載されているSafariで閲覧する他ない事もわかりました。

今回のようなケース、古いiPad(iOS9.3.6)でも閲覧を必要とする場合には、未だそのOSをサポートしているSSL証明書をサーバーにインストールする以外に具体的な解決策がないのかもしれません。

余談となりますが、Chromeが使えていたのはiOS9.3.6がサポートされている時にインストールしていたものだと思います。先に記述しました通り、2021年10月30日現在、App Store にて配信されているChromeはiOS9.3.6に対応しておりません。

しかし、古い端末がまだ電源も入るのに機能が制限されていっていずれ使えなくなっていく、という事は時代の変化とともに悲しいものだなと思う今日この頃です。

参考にしたサイト・記事

実機レビュー
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ブログ管理人

当ブログの管理人です。スマホやパソコンなどのガジェットいじりが趣味です。気まぐれで実機レビュー、スマホ料金の見直し、お得情報などを発信しています。よろしくお願い致します。

ブログ管理人をフォローする
ハローモバイルワールド

コメント

タイトルとURLをコピーしました