IIJmio|話題の新スマホ受付開始。
motorola edge 30 pro / moto g52j 5G
特価は2022年7月31日まで

【実体験】中古スマホをフリマアプリで買う時の注意点。良かった点・悪かった点の紹介

中古スマホ
スポンサーリンク

こんにちは!管理人です。

中古スマホを購入しようと思った時、中古スマホ専門店、中古スマホを販売している家電量販店、ネットショップ、フリマアプリ等、様々な場所で購入することができます。特にネットショップやフリマアプリは品数も多く、チェックされている方も多いのではないかと思います。

管理人
管理人

管理人もフリマアプリでスマホを購入する機会があります。
最近ではiPhone 12 Pro、Rakuten Hand等フリマアプリで購入しました。

今回はフリマアプリ(メルカリ・ヤフオク・ラクマ等)で中古スマホを購入する場合の注意点・良かった点・悪かった点、管理人が実際に購入した実体験をお話ししたいと思います。

中古スマホを買う時の注意点

今回管理人が購入した中古スマホの場合、出品情報も充実しており、不明な点への回答も迅速にコメント・写真・動画を利用して対応していただきました。しかしすべての出品者がこのような対応をしてくれるものではなく、フリマアプリ全般に言える事でコメント等のやりとりを極力控えたいという出品者がいるのも実情だと感じます。

コメントで確認するのがめんどくさい、、、と煩わしい気持ちもわかります。

もちろん、コメントで不明点は確認すべきですが、最低限、確認しておきたいポイントを以下にまとめたいと思います。

中古スマホのIMEI(製造番号)を確認する

iPhone IMEI 製造番号 確認例
iPhone IMEI 製造番号 確認例

IMEIとはスマホの製造番号です。IMEIの確認は絶対必須です。

このIMEIを利用して、ネットワーク利用制限がかかっていないか確認する事ができます。

ネットワーク制限とは、不正に入手されたスマホが「振り込め詐欺」等の犯罪に利用されることを防止するため、キャリア(docomo・au・Softbank・楽天モバイル等)がスマホの通信を制限するもの。

例えば、フリマアプリ出品者が分割で購入した中古スマホを割賦契約中のまま出品、その中古スマホを購入したとします。この中古スマホは割賦の支払いが残っているためネットワーク利用制限が「△」になっています。ネットワーク利用制限が「△」の(割賦の支払いが残っている)状態で出品者が割賦支払いが滞り不履行となると、この中古スマホはネットワーク利用制限が「×」へと変わります。「×」になると4G・5G等の通信ができなくなりますので注意が必要です。

2021年12月現在では、ネットワーク利用制限が「△」「×」のスマホの出品をガイドラインで違反としているフリマアプリも増えてきています。

フリマアプリで中古スマホを購入する場合は、安心材料としてネットワーク利用制限が「◯」のものを選びましょう。出品者がIMEIを記載していない場合は必ずコメントで聞きましょう。

IMEIからネットワーク利用制限を確認する方法

docomo・au・softbank・楽天モバイルは以下のURLでネットワーク利用制限を確認する事ができます。

※ワイモバイルはソフトバンクのページで、UQモバイルはauのページでそれぞれ確認する事ができます。

キャリア公式サイトでネットワーク利用制限を調べる方法とは別に、ネットワーク利用制限チェッカー(https://snowyskies.jp/imeiChecking/)というIMEIを一気にチェックできるWebサービスもあります。参考までにご覧ください。

その中古スマホ、本当にSIMフリー?なの?

Softbank iPhone SEに docomo系のSIMを挿入している図
Softbank iPhone SEに docomo系のSIMを挿入している図

タイトルや検索タグにSIMフリーと記載されている場合があります。SIMフリーとは、例えばauで購入した中古スマホをSIMフリー化した場合には、docomo・softbank・Y!mobileなどの他のキャリアのSIMが使えるようになります(対応バンドにより使えない場合もあります)。

「SIMフリー化」はキャリアの店頭またはオンラインで手続きをしなければなりません。このSIMフリー化の手続きをしていない状態のままでSIMフリーと記載し出品している商品もありました。また、そもそもSIMフリー化できない機種(iPhone5S、iPhone6など)をSIMフリーと言っている商品もありました。

SIMフリー化されているかどうかはIMEIのようにWEBサイト上でチェックする事ができません。そのため次のような形で出品者から情報を聞き出すのが良いと思います。

例:auで契約したiPhone7 SIMフリーとして出品されていた場合
  • auでSIMフリー手続きをした画面のスクショを見せてもらう
  • docomoやsoftbankのSIMを入れて動作確認している写真を見せてもらう

(スクショを保存している人は少ないかもしれませんが)この2つと出品者の説明文やコメントをよく確認して、確信が持てた場合にのみ購入を検討しましょう。少しでも不安要素があれば購入は控えるのが無難だと思います。

中古スマホの価格は相場価格に近い?

購入を検討している中古スマホの相場価格も重要です。

フリマアプリで中古スマホを探す理由として、正規のショップで買うよりも安いものが入手できる可能性があるからではないでしょうか。管理人はまさにそれです。

例えば管理人が購入したiPhone7 32GB au SIMロック解除済の場合、2017年12月頃の相場は50,000円程でした(新品をapple storeでSIMフリーを購入すると65,000円程)。

この相場価格はメルカリ・ヤフオク・中古スマホ専門店(おすすめはイオシスゲオ)等を調べるとおおよその相場はわかります。

相場価格よりも安すぎる場合は怪しいと思って間違いありません。逆に相場価格より高い場合もありますので注意してください。

その中古スマホは動作するのか

これは言うまでもなく当たり前のことかもしれませんが、動作している写真や動画のない中古スマホは購入を控えましょう。

例えば商品写真が1枚しかなく、画面も真っ黒、(さらに文章も少ない)という感じの出品です。

出品作業は面倒な作業でしょう。購入してもらう人に見せるとはいえ、さまざまな角度から写真を撮影して、商品コメントも丁寧に書くなんて、面倒な作業と思います。しかし、その面倒という部分が見える出品者から購入するのは私は不安なため購入を控えます。

中古スマホを買う時のチェックリスト

ここまで、中古スマホを購入時の注意点について書いてきましたが、簡単なチェックリストを準備しましたので、購入時の参考にご確認ください。

中古スマホを買う時のチェックリスト
  • IMEI(製造番号)(記載のない場合は問い合わせる)
  • ネットワーク利用制限「◯」かどうか
  • SIMロック解除済みかどうか
  • 相場より安すぎないか?高すぎないか?
  • 起動するかどうか・不具合がないかどうか

管理人がフリマアプリで購入した中古スマホ

例に取り上げる中古スマホは、2017年頃にメルカリで購入したiPhone 7、2021年頃にPayPayフリマで購入したiPhone 12 Pro、良かった点・悪かった点など書いてみたいと思います。

良かった点

メルカリで購入した iPhone 7 はauで契約・SIMロック解除済み・ネットワーク利用制限「◯」の商品でした。

出品当初にはIMEIの記載がなかったので、コメントで確認をしたところすぐにIMEIの写真をアップしてくれました。IMEIをネットワーク利用制限で調べると「◯」の状態。また、SIMフリーについてもdocomoのSIMで動作確認している画像だったので間違いないと判断しました。

購入の決め手になったのは、iPhone 7 (SIMフリー)の相場価格に近い(50,000程 ※2017年12月頃)、高級なブランドレザーケース付(約15,000円)、本体に目立つ傷がない美品、というところです。この高級ケース、2017年に購入して以来、2021年12月現在でもiPhone8、第2世代 iPhone SEと受け継がれて長期に愛用するものとなっています。

PayPayフリマで購入した iPhone 12 Pro はApple Storeで購入されたものということでSIMロック解除の不要なSIMフリー端末。ネットワーク利用制限をチェックするためのIMEIもきちんと掲載。商品説明も丁寧に記載されており、

購入の決め手になったのは、iPhone 12 Pro (SIMフリー)の相場価格に近い(88,000程 ※2021年11月頃)、apple care+に加入されている、本体に目立つ傷がない美品、というところです。

2つに共通しているのは、相場より少し安い上にブランドのスマホケースやapplecare+がついているなど、引き継げるものがあった点です。中古品ですので、個人差はあると思いますが、管理人はお得感を感じました。

悪かった点

今回の例にあげた取引は満足のいくものですので、悪かった点は特にありません。

強いて言うと、iPhone 7を購入した時にIMEIの記載がなかったのでコメントで聞く必要があった事、iPhone 12 Proについてはカメラ機能を重視したかったため、カメラレンズ付近の傷がないかコメントを行いました。

コメントを送るとこの取引の方々は快く必要な情報をアップしていただけました。PayPayフリマに至っては動画のアップロードができますので、動画でわざわざ本体の状態を見せてくださるなど、悪かった点じゃなくて良かった点の話になってますが(笑)

こういう中古スマホは購入をやめたほうがいい

ここまで読んでいただいた人は管理人がフリマアプリで中古スマホを購入する時にどういう部分に気をつけているか、ある程度イメージができたと思います。

中古スマホを買う時のチェックリストと重複している内容ですが改めて記載すると

こういう中古スマホは購入しない
  • IMEIの記載がない、教えてくれない
  • 根拠なしにSIMフリーと書いている
  • 購入端末の相場価格から安すぎる(高すぎる)
  • 起動している写真が一枚もない
  • 説明文が少なすぎる
  • コメントへの返信がない(曖昧な返事)
  • 過去のコメントがすべて削除されている

これらに該当する中古スマホの出品は購入をやめたほうが無難だと思います。

最後に

今回、フリマアプリで iPhone 7 や iPhone 12 Proの実例を交えながらお話ししてきましたが、フリマアプリを見ている時間はとても長かったように思います(フリマでウィンドウショッピングは楽しいのですがw)。

2017年にはあったかどうか不明ですが、2021年にはメルカリやヤフオクでは割賦契約中のスマホ・ネットワーク利用制限がかかっているスマホの販売はガイドラインの規約違反とされています。そのため、IMEIの記載が必須といっても過言ではありません。

最近、Twitterで見る機会がありましたが、紛失物(拾ったもの)をそのまま出品する人もいるとかいないとか。怖い世の中ですが、インターネットが手軽になった反面、こういうケースもあり得るのだと改めて中古品の購入に対する危険性を感じました。自分は大丈夫だと思わないように。

拾ったものを出品するというのは稀なケースかもしれませんが、中古スマホは入手経路が不明なものも多いかもしれませんので、化粧箱のないスマホ、箱と本体のIMEI番号の違うもの、なども注意したほうがよいかもしれません。

中古スマホの購入は不安要素があるまま進むとトラブルに遭い後悔する可能性もありますので、今回記載した内容はあくまでも一例となりますが、参考にしていただけますと幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました