楽天モバイル|iPhone超トクのりかえキャンペーン!最大20,000円相当分をポイント還元!

デュアルSIMって何?!DSSS / DSDS / DSDV / DSDA 4つの方式について調べてみた

初めての格安SIMと格安スマホ
スポンサーリンク

通信障害等のニュースをみると、デュアルSIM対応スマホは今後安心にもなるのかなと、ふと思いました。デュアルSIM対応スマホは、2枚のSIMカードを利用できるということです。2種類の通信会社のそれぞれのSIMが入ったスマホ2台持つのも面倒だし重たいし・・・という場合に、便利そうだとおもいませんか?最近はiPhoneやAndroidでも最新機種では対応しているものも出てきています。

と、知ったかぶり口調で言っておりますが、2枚のSIM入ってたら、同時に電話かかってきたらどうするんだろうとか、デュアルSIMのセットみたいな用語で「DSSS」「DSDS」「DSDV」「DSDA」とか、ナニソレ?とか、詳しくはよくわかっていないので、またもや自分なりに調べてみました。

デュアルSIMが2枚のSIMを1つのスマホに入れることができる、ここまではわかります。その後です、どう通話や通信するの?!ということで、出てくる用語が「DSSS」とか「DSDV」なのです。なにかといいますと、デュアルSIMは、スマホが2種類のSIMをどう認識して使えるようにしてくれるのか、それに4つの方式があって、その方式の名前のことなのです。

デュアルSIMの4つの方式について

DSSS(デュアルSIMシングルスタンバイ)

2種類のSIMを入れることができますが、同時に通話を待ち受けや、データ通信をすることができません。手動でどちらを利用可能状態にするか選んで使います。SIMカードを入れ替える手間がなく済むことがメリットになります。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)

2種類のSIMを入れることができ、SIMの切り替えはしなくても、2つとも同時はできませんが、どちらかの回線に着信があると受けることができます。また、片方のSIMでデータ通信中にもう片方のSIMで電話を受けることもできます。片方のSIMで着信はできても、通話しながら、もう片方のSIMでデータ通信はできません。また、片方4G、もう片方は3Gとなります。

DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)

2種類のSIMを入れることができ、使用感はDSDSと同じですが、デュアルVoLTEなのでどちらもLTE/4Gで利用できます!進化してきた感じですね。

DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)

2種類のSIMを入れることができ、さらにDSSSやDSDVより進化しています。2種類のSIM同時通話はできませんが、片方のSIMで通話しながら、もう片方のSIMでデータ通信ができます。電話しながらネット回線できちゃうってことですね。しかも、どちらも4G使用可能です。

iPhoneシリーズでデュアルSIMは使える?!

私もずっと使っているiPhone。今の機種はデュアルSIM対応ではないけど、使える機種あるのかしらと調べてみました。

iPhoneシリーズでは、iPhone11シリーズ以降は、デュアルSIM対応になっているようです。

iPhone 12 モデル、iPhone 11 モデル、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR は、nano-SIM (物理SIM)と eSIMのコンビで利用可能!さらに!iPhone13系はデュアルeSIMも可能で、nanoSIM(物理SIM)とeSIMのコンビでも使えるようです。

iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 13 mini では、eSIM を 2 つ有効にするか、nano-SIM 1 枚と eSIM 1 つを組み合わせてデュアル SIM を利用できます。iPhone 12 モデル、iPhone 11 モデル、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR は、nano-SIM と eSIM を組み合わせたデュアル SIM に対応しています。

eSIM でデュアル SIM を活用する

日本国内で販売されているiPhoneは上記の通りnanoSIMとeSIMの組み合わせですが、中国本土、香港、マカオでは、一部のモデルの iPhoneにはnanoSIMを2枚挿入できるモデルも存在します(日本国内では香港版iPhoneがnanoSIM2枚挿入できるモデルとして人気があるようです)。

中国本土、香港、マカオでは、一部のモデルの iPhone が 2 枚の nano-SIM カードを使ったデュアル SIM に対応しています。

2 枚の nano-SIM カードでデュアル SIM を使う

指紋認証に戻りたい私が狙っているiPhoneSE(第2世代)はどうかと思いましたら、nanoSIMとeSIMのデュアルSIM対応とのことでした!

今後はデュアルSIM対応機種は増えてきそうですね!

サブ管理人
サブ管理人

ここまではデュアルSIMの4G接続についてはわかりましたが、

デュアルSIMの5G接続も可能なのかな?

管理人
管理人

5G対応のiPhoneはiPhone12、13シリーズとなりますが、iPhone12シリーズではiOS14.5以降にアップデートすることでデュアルSIMでの5Gでの接続が可能となるようです。iOS14.5以降のアップデート内容は公式サイトも合わせてご確認ください。

5Gの改善
・デュアルSIMへの対応により、iPhone 12モデルでモバイルデータ通信の回線を利用する際に5Gでの接続が可能
・スマート・データ・モードの改善により、5Gネットワーク向けに利用環境が最適化されることで、iPhone 12モデルでのバッテリー駆動時間を延ばし、データ使用量を削減
・iPhone 12モデルでサポートされている通信事業者の5G国際ローミングを利用可能

iOS 14 のアップデートについて

※ iPhone13シリーズはiOS15を初期段階で搭載しているのでデュアルSIMでの5Gでの接続が可能なようです。

2021年11月記事執筆時点では5Gスマホの普及も進んできておりますので、デュアルSIMでの5G接続対応機種も出てくるのでしょう。(*機種とSIMの組み合わせや2枚のSIMの組み合わせにより、使えるかどうか等は、都度ご自身にて機種の会社、SIM提供の通信会社、それぞれに確認していくことも必要になりそうです)

私、スマホのスピードについていけるのかしら?!またマイペースにすこしずつ調べてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました