携帯料金の見直し
スマホ料金比較で自分にピッタリのプランを!

【povo2.0】eSIMからeSIMへiPhone同士で機種変更してみた

スマホ試してみた
スポンサーリンク

こんにちは!サブ管理人です。

iPhone SE2を愛用しておりましたが、やっぱり5Gの表示をスマホで見たいとか、マスクしたままフェイスIDをやりたいと思ったので、iPhone12に機種変更してみることにしました。

サブ管理人はiPhone SE2にpovoのeSIMを入れています。povoの契約時にキャンペーンでプロモコードをもらって活用していることについてはこちらの記事をご参照ください。

今回はpovoのeSIMの移行を機種変更の時はどうしたらいいのかを調べて行なってみたので、そのことをご紹介したいと思います。

まずはiPhoneの機種変更を行いました。

iPhone同士の機種変更はやっぱりクイックスタートが便利

iPhone SE2からiPhone12への機種変更なのでやっぱりクイックスタートは便利ですね。今回もとてもスムーズにできました。

クイックスタートについても以前ブログにしてみましたので、ご参考までに!

povo2.0のeSIMを機種変更して利用する手順

機種変更を行う時、nanoSIMなどの場合はSIMカードの差し替えができますが、eSIMの場合はどうするのか調べてみました。

サブ管理人
サブ管理人

povo 2.0のeSIM利用で機種変更する場合は2ステップです。

  1. 旧機種のpovo2.0のアプリからeSIM再発行手続きを行う
  2. eSIM再発行手続き完了後、新機種でeSIM開通手続きを行う

旧機種のpovo2.0のアプリからeSIM再発行手続きを行う

まずは旧機種(今回サブ管理人が行なったのはiPhone SE2)のpovo2.0アプリからeSIM再発行手続きを行います。

ホーム画面左上の人のマーク → プロフィール「契約管理」 → お申し込み内容の確認・その他「SIMの再発行・交換」→ SIM再発行手続きと、進みます。

「SIM再発行手続き」の画面で次の機種でもeSIMを利用したいので「eSIM」を選び、SIM再発行理由は「機種変更」を選び、生年月日入力後、注意事項をよく読んでチェックし「次へ進む」

ご本人様確認 「契約管理画面へ戻る」 → 「次へ進む」

次の画面では本人確認をオンラインで行うため、運転免許証などの写真を撮りスマホ上で手続きを行います。この作業が済むとしばらくして、登録しているメールアドレスに本人確認結果が送られて来ます。

eSIM再発行手続き完了後、新機種でeSIM開通手続きを行う

メールアドレスに来た本人確認結果がOKであれば、新機種のpovo2.0アプリにメールアドレスと認証コードも併せてログインします。

アプリのホーム画面でeSIM開通手続きを行いますが、初めてpovoを利用する時と同じ方法でした。povoのeSIM開通手続きについては以前の記事をご参照ください。

旧機種でeSIM再発行し新機種で開通手続きを行うと、無事に新機種のモバイル通信画面でpovo2.0がオンの表記になりました。

povo2.0のeSIM利用で機種変更してみた感想

iPhone同士で機種変更する場合、eSIMを旧機種で再発行・新機種で開通手続きをするという流れでした。

SIMを差し替えるだけで済むnanoSIM(*APN設定が必要な場合もあります)に比べると、eSIM再発行にはオンラインで本人確認が必要で、運転免許証の撮影や住所の入力などの手間が面倒だなあと思いますが、今後eSIMも増えていく可能性もありますし、いい体験になったと思います。

今回の機種変更によるpovoのeSIMの再設定方法は、事前にpovoのサポートの方とチャットで確認しましたので安心して利用できました。

povoのホーム画面右上にある「?」マークでヘルプ画面が開きます。画面下の方にある「povoサポートに相談する」から(営業時間内であれば)チャット相談ができます。

個人的にはpovoは副回線などサブで利用すると便利だと思っています。機種変更してもeSIM移行が無事できたので、以前のプロモコードも残っていますし、引き続きpovoを利用したいと思います。

povo eSIM再発行 オンラインチャットでやったこと(2022.06.24追記)

povo2.0利用していて機種変をしたい場合、eSIMの再発行をして新しい機種でeSIM開通手続きを行います。povo2.0ではアプリ上でeSIM再発行可能で、実際やってみたことを上記に記載いたしましたが、povoのメンテナンス等でアプリ上でのeSIM再発行手続きができない場合があります。その際は公式に案内がありますが、povoサポートのチャットで行うことになります。

povoサポートは9:00〜21:00で、担当のスタッフの方が対応してくれます。

本人確認のため、povoで契約している電話番号・氏名・生年月日・住所・povo ID(メールアドレス)等をチャット画面に入力したり、身分証明書(運転免許証など)を手に持った自撮り写真が必要になります。

サブ管理人
サブ管理人

状況にもよるかもしれませんが、管理人もサブ管理人も以下のことを体験したので、ご参考までに記載します。

チャット機能はアプリ画面を切り替えたり、スマホがスリープ状態になると、切断されてしまいました。

身分証明書を手にした自撮り写真を撮影している間や、写真を選んでいる間、チャットを待っている間にスマホがスリープしてしまった時でした。

一度チャットが切断されますと、担当者とのやりとりも消えてしまい、最初からやり直し、担当者も新しい方になってしまいました。担当者の方の名前を覚えていると、再度繋げてもらえることもありますが、いずれにしましても個人情報入力は再開されるごとに入力が必要になります。

身分証明書(運転免許証など)を手に持った自撮り写真は、前もって準備をしておき、チャット画面がスリープにならないよう気をつけてスタンバイをしておくと、チャットが途切れずに進める可能性が高いです。それでも状況により切れてしまうこともあるかと思いますので、あくまでも可能性としてとお考えください。

何度も面倒だなと素直に思ってしまいましたので、友達がする時には思わず助言したくなること、自分がまたすることがある場合は、その点に気をつけてやってみようと思いました。

\公式サイトをチェックする/

コメント

タイトルとURLをコピーしました