当サイトは広告を設置しています(詳細

Google Pixel 7 純正ケース レモングラス と Case-Mate Tough Clear ケース を買ってみた

Google Pixel 7 ケース レモングラス Case-Mate Tough Clear ケース 買ってみた

こんにちは!サブ管理人です。

最新機種でもある Google Pixel 7 は Google のブラックフライデー、ホリデーセール、紹介コードなどを利用して入手されている方も増えて来ていると思います。

Google Pixel 7 はカラーバリエーションが Obsidian、Snow、Lemongrass の3色があります。

Obsidian は直訳すると黒曜石、Snowは雪ですので、そのイメージ通り黒と白ですが、Lemongrass ってどんな色?と一瞬疑問が湧きます。

レモングラスは個人的に大好きなハーブですが、見た目は固いネギのようなグリーンカラーです。レモンに似た爽やかな香りがするのでレモングラスと呼ばれているのですが、見た目のような色なのか香りのイメージでレモン寄りのイエローカラーなのか、とにかく興味津々です。

色のネーミングに惹かれて選んだので、せっかくだからレモングラスカラーを楽しみたいところ。

しかしケースをつけずにそのまま利用するのも傷や汚れが怖いので、ケースはつけたい!ということで Google Store を見てみたところ、Google Pixel 7 用のケースは3種類販売されていました。

  1. 主に再生プラスチックを使用した3,999円(税込)の Google Pixel 7 ケース
  2. 主に再生熱可塑性ポリウレタン(TPU)を使用した 2,899円(税込)のCase-Mate Tough Clear ケース
  3. エコタンニングレザーを使った革素材で6,800円(税込)の Bellroy レザーケース

3のレザーケースはとても魅力的だったのですが、Google Pixel 7 の本体をすっかりカバーしてしまうことになり、レモングラスカラーが見えない状態になってしまいます。

1の Google Pixel 7 ケースは Google 純正の Pixel 7 専用ケースです。そのこともあり3色ある本体の色に合わせてケースのカラーバリエーションに Lemongrass があったことがとても魅力的でした。これで本体をカバーしてもレモングラスカラーを楽しむことが出来ます(※本体カラー Snow と同じカラーはなくChalk が選択肢にあります)

2の Case-Mate Tough Clear ケースは透明です。透明だと本体をカバーしても本体そのものの色を楽しむことが出来ます。

今回は、Google Store で使えるプロモコード(紹介コード)7,500円分を利用し、1と2の両方を購入して比べてみることにしました!

サブ管理人
サブ管理人

レザーケース1つの値段くらいでその他2つ買えるくらいかなと思ったので、迷った挙句2つとも購入したのです。気分で使い分けしてみてもいいかな♪

Google Store で使えるプロモコード(紹介コード)7,500円分のことについては、下記の記事にて記載しておりますので、ご参照していただけるとうれしいです。

広告

Google Pixel 7 ケース(Lemongrass)

Google マークが付いた Pixel 7 専用のケースです。

気になるのは重さ(装着してめっちゃ重いのは辛い)と素材(質感など)です。

Google 公式サイトで確認してみます。

Google Pixel 7 専用ケース
  • 重量:34.7g
  • 素材:
    全重量の 30% 以上に再生プラスチックを使用
    再生プラスチックを 75% 使用したポリカーボネート製シェル
    電源ボタンと音量ボタンに再生アルミニウムを 100% 使用
    熱可塑性エラストマー

※参考:Google Store 公式サイト

気になる為に調べてみた重量と素材がはっきりしたものの、実際はピンと来ませんが「電源ボタンと音量ボタンに再生アルミニウム」の部分では見た目のこだわりも重視しているのではないかと思えます。

百聞は一見にしかずということで早速開けてみました。

パッケージ内容

Google Pixel 7 専用ケース Lemongrass カラーのパッケージ内容はこちら。

Lemongrass(レモングラス)カラーの Google Pixel 7 ケースが保護シートに包まれてぴったり入っています。箱を開けて上からひっぱりやすいように保護シートに耳(?)がついています。

本体のレモングラスカラーと比べてみると、少し濃い色に見えますが逆にこの色の方がはっきりレモングラスカラーっぽく見えます。

触ってみると質感がマットな感じで滑りにくく作られているのかなと思いました。

サブ管理人
サブ管理人

箱の上に商品棚にぶら下げるための紐が付いているのですが、これがキャンバス地っぽいリボンでちょっとかわいいと思いました。

カメラ部分の保護

背面のカメラ部分は撮影に邪魔にならないよう本体が剥き出しになるカットがされています。

本体のみだとカメラ部分が少し出っぱっていますが、ケースをつけることでそのでっぱりを挟み込むような形になり、すっきりと見えます。

サブ管理人
サブ管理人

背面をデスクやテーブルに置いた時には、ケースをつけている方がガタガタしなくていいかも!

ケース装着時の保護

Google の Pixel 7 専用ケースだけあって、これ以上ないくらいのフィット感です。

電源ケーブルを挿す部分もスピーカー部分もきれいにカットされエッジもすべて丸みがあるので、見た目も触感も滑らかです。

質感は個人の感想になりますが、プラスチックの硬い感触ではなく指先にピタリと合うマットな質感で、触っていると気持ちいいと思えるほどです。

このマットな質感で手から滑り落ちにくいように出来ているのかなあと思いました。

本体の電源ボタンと音量ボタンをカバーしている部分に再生アルミニウムが使われていて、見た目もメタリックな感じです。

Google Pixel 7 純正ケース レモングラス 電源・ボリュームボタンのこだわり

背面のカメラ部分はカバーレスで本体のアルミニウムの質感が見え、ケースを装着した場合にカメラ部分とボタン部分のメタリックな感じで一体感が出ます。

Google Pixel 7 純正ケース レモングラス 装着
広告

Case-Mate Tough Clear ケース for Google Pixel 7

Case-Mate Tough Clear ケース for Google Pixel 7 は、Case-Mate Japan の商品です。アメリカ発のスマホケース・スマホアクセサリーのブランドで、Google Pixel 用のスマホケース・アクセサリーが Google Store 公式で販売されています。

Google 公式サイトで重さと素材を確認してみます。

Case-Mate Tough Clear ケース for Google Pixel 7
  • 重量:31.17g
  • 素材:
    再生熱可塑性ポリウレタン(TPU)
    ポリエチレンテレフタラート(PET)
    ポリウレタンアクリレート(PU/PMMA)による傷防止コーティング
    仕上げに傷つきにくい光沢加工

※参考:Google Store 公式サイト

ケースのネーミングに使われている Tough Clear についてこんな記載もありました。

非営利環境保護団体「The Nature Conservancy」とその植林プロジェクト「Plant a Billion Trees」との連携によって開発された「Tough Clear」は、環境にやさしいスマートフォンケースです。

参考:Google Store 公式サイト

再生熱可塑性ポリウレタン(TPU)を 50% を使用しているなど、環境に考慮された素材で出来ていることが分かります。

サブ管理人
サブ管理人

このような素材を選ぶと自ずと二酸化炭素排出削減など環境保護活動に参加出来ることになるのですね〜

では早速開けてみます!

パッケージ内容

Case-Mate Tough Clear ケース for Google Pixel 7 のパッケージ内容はこちら。

しっかりとしたスライド式の紙箱に入っています。すっと取り出しやすいです。

スマホスタンドに立てかけて撮影していますが、完全にクリア透明のためスタンドが透けて見えています。

本体のレモングラスの色をそのまま生かすことができるのでクリアなケースもよさそうです。

カメラ部分の保護

Case-Mate のケースも背面カメラ部分はカットされて開いています。フラッシュなどのライト部分近くまでサイド側は出来るだけ保護されてるようになっています。

ケースをつけると背面を下にして置いてもガタガタせずにフラットに置けます。

ケース装着時の保護

Case-Mate のケースも Pixel 7 本体にしっかりフィットしています。

電源ケーブルを挿す部分やスピーカー部分の淵もきれいに丸みがあり滑らかです。Google のケースに比べると若干電源ケーブルを挿す部分の空きが広めな気がするくらいでしょうか。

サブ管理人
サブ管理人

クリアなケースはなんだか控えめで上品なイメージになります

ケースの下の部分にブランドロゴ「Case-Mate」とプリントされていてちょっとしたアクセントになります。

Case-Mate Tough Clear ケース for Google Pixel 装着

Google のレモングラスカラーのケースと Case-Mate のクリアケース、どちらも素敵で選ぶのは悩ましいです。気分で付け替えて使おうと思います。

広告

Google Pixel 7 用に購入した ガラスフィルム

さて、ケースを Google Store で購入したものの、画面につける保護フィルムも欲しいところです。

Google Store で販売されていた Case-Mate の保護フィルムを狙っていたのですが、在庫なしだったので諦めました。

購入したのは Amazon で見つけた「指紋認証対応 Google Pixel 7 用 ガラスフィルム」です。

送料込みで 1,000円(税込)以下で探してみました。

Amazon は商品数が豊富で悩みますが、決め手は商品説明欄に「化学強化用特殊 Dragontrail ガラスとして素材を採用し」という記載があったからです。

以前にショップ店員さんにおすすめされて AGC旭硝子のガラスフィルム「Dragontrail」を使ったことがありますがとてもよかったことを覚えていたからです。

パッケージ内容

硬紙の箱にフィルム2枚(1枚は予備)と貼る時に利用するウェストワイプ、クロス、埃除去シート、貼り付けガイド、説明書等一式が丁寧に入っていました。

では説明書を見ながら貼り付けガイドを使ってシートを貼ってみます!

Google Pixel 7 本体とガイドの埃を除去

まずはアルコールパッドとマイクロファイバーのクロスで Pixel 7 の画面を優しく拭き、アルコールが乾いたら埃除去シートで軽く優しく拭いて、より細かい埃を取ります。

Google Pixel 7 ガラスフィルム NT2F クロスで埃を拭き取る図

ガイドを装着してガラスフィルムを吸着

ガイド枠の埃も同じシートを使って取り除き、ガイド枠を Pixel 7 に装着します。

Google Pixel 7 ガラスフィルム NT2F ジグ(ガイド)

画面にはる保護フィルムを手に取り、装着面を下向かせて保護シートを剥がすとそのままガイド枠の上側に沿わせてゆっくりと Pixel 7 の画面に下ろしていきます。

ずれないようそっと手を離します。一瞬空気がいっぱい入ったように見えますが、ほどなく自然吸着していきます。

Google Pixel 7 ガラスフィルム NT2F ジグ(ガイド)に沿ってガラスを吸着

そっと見守っていると少し気泡が入った状態でシートが画面に密着しました。

Google Pixel 7 ガラスフィルム NT2F 気泡

上の写真のような気泡が残ってしまいましたが、クロスで外側に押し出すようにすると気泡を取り除くことができました。

ガラスフィルム装着の様子

気泡もきれいになくなり、画面に違和感なくしっかり装着出来たガラスフィルムはこんな感じです。

ケースを邪魔することなく画面もカバーされています。

ケースギリギリまでガラスフィルムでカバーされていないように見えますが、ギリギリ過ぎると擦れなどでフィルムが剥がれたりするかと思えるので、ちょうどよいピッタリサイズではないかと思います。

ガイド付きで予備のフィルムなども入っていて1,000円(税込)切る価格は今のところ大満足です。

スマホを投げたりすることはないと思いますが、ケースとフィルムを装着したことで安心です。大事に使っていきます!

コメント