Y!mobile
タイムセール開催中!21時〜翌9時まで

ワイモバイルのn141SIMがAndroidで使えるようになってる???

スマホ試してみた
スポンサーリンク

こんにちは!管理人です。

先日ソフトバンクの認定中古品を試してみたくてワイモバイルでSoftBank Certified iPhone 8を購入したのですが、そのiPhone8に付属していたのはn141のnano SIMカード。

n141のSIMはiPhone専用などと言われており、iPhone以外では使えないと思っていたのですが、本日何気にAndroid One S6にn141のSIMを挿入してみたところ、4GでのSMS受信とデータ通信ができました(記事作成時は通信できたのですが、後日試すと通信ができなくなっていました…)。

ソフトバンクやワイモバイルではiPhone・Androidにそれぞれの専用SIMを用意していましたが、この仕様を見直す旨の発信も行っています。

もしかするとこのn141についてもiPhone専用ではなくなり、Androidでも使えるように改善に向かっているのかな?と思ったり。

今回はAndroid One S6を使ってn141のSIMを挿入、SMSの受信とデータ通信を試した内容を記録しておきます。

n141のSIMをAndroid One S6に挿入

まずワイモバイルのn141のSIMをAndroid One S6に挿入しました。

n141のSIMをAndroid One S6に挿入する図
n141のSIMをAndroid One S6に挿入する図

SIMを挿入すると3Gのアンテナ表記が続きます(数分後に4Gに変更されました)。

n141のSIMをAndroid One S6に挿入すると3Gの表記
n141のSIMをAndroid One S6に挿入すると3Gの表記

次にAPN設定を確認していきます。

n141のSIMをセット後にAPNを確認

n141のSIMカードを挿入後、設定アプリからアクセスポイント名を確認していきます。

すると、Application(plus.acs.jp.v6)というAPN設定となっていました。

さらに詳細を見ると以下のようなAPN設定となっていました。

デフォルトでセットされたAPNは以下の通りです。

名前Application
APNplus.acs.jp.v6
ユーザー名ym
パスワードym
MMSChttp://mms-s
MMSプロキシandmms.plusacs.ne.jp
MMSポート8080
MCC440
MNC20
認証タイプCHAP
APNタイプdefault,mms,supl,hipri
APNプロトコルIPv4/IPv6
APNローミングプロトコルIPv4/IPv6

見たところ、ワイモバイル公式で案内されているAPN(plus.acs.jp)とほぼ一緒。APNがplus.acs.jp.v6と違うのみのように思えます。

この状態でSMS・データ通信を試した記録が以下となります。

n141のSIMを挿入後、Android One S6でSMS受信・データ通信など試す

ワイモバイルオンラインにログインする際にSMS認証が必要でしたのでそのSMSを受信した際の画面です(2022年5月13日に受信)。

n141のSIMでAndroid One S6でSMS受信した図
n141のSIMを挿入、Android One S6でSMS受信した図

SMSは受信できました。続いてインターネットを確認します。

n141のSIMを挿入、Android One S6でデータ通信した図
n141のSIMを挿入、Android One S6でデータ通信した図

Google検索からヤフーニュースと検索。無事に4Gデータ通信も可能。

n141はAndroidでも使えるようになったのか?

「ワイモバイル n141」のようにGoogleで検索すると、n141のSIMはiPhone専用である旨を書いた記事、非公式APNを使えば使えるという案内をしている記事を見かけます。

過去に管理人もn141のSIMで試してみたものの、、、通信ができなかったという記事を書きました。

今回は非公式APNを使わずともn141のSIMでSMS受信・データ通信ができました。

この情報だけでn141のSIMがAndroidで使えるようになったとは結論付けるには至りませんが、接続できた事は何か参考になるのかなと思います。

今回試したのがワイモバイルから発売されているAndroid One S6という事もあってSMS受信やデータ通信ができたのかもしれないと思い、違うキャリアの端末(SIMロック解除済みのGalaxy S21 5G au版)に入れてみたところ通信ができました。

ソフトバンクでは2022年の夏ごろを目処にiPhone専用SIMやAndroid専用SIMを順次違う端末でも使えるように対応すると発言しメディア各社が相次いで報道されていました。ソフトバンクグループであるワイモバイルも同様に対応を進めてくれている事の表れなのか?

公式からの案内は今の所ないとは思いますが、契約中のSIMが対応周波数帯が合えば他社製のスマホでも使える事が好ましいと思いますので、ソフトバンクのサポート状況の動向を見守りたいと思う管理人でした。

\公式サイトをチェックする/

追記

翌日改めてAndroid One S6を確認してみると4Gのデータ通信ができなくなっていました。SMSは届いていたのですが。。。やはりn141はiPhone専用SIMという事で2022年5月現在ではまだAndroidでは利用できないのかもしれませんね。ソフトバンクとワイモバイルの今後の対応に期待しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました