IIJmio キャンペーン情報更新中!

mineoの事務手数料と初期費用が無料や割引となるキャンペーンはあるの?

スマホ料金見直し

こんにちは!サブ管理人です。

mineoはドコモ回線のDプラン、au回線のAプラン、ソフトバンク回線のSプランで格安料金プランを展開しています。選ぶギガ容量で月額料金が決まる「マイピタ」と、通信速度で選ぶデータ無制限の「マイそく」のいずれかから選ぶことができます。

選択肢が広い分、自分に合うプランを選ぶことができるので、はじめての格安SIMでまずmineoを使ってみるのも方法のひとつです。

新規契約もしくは乗り換えとなると事務手数料やその他乗り換え時の費用が気になる人も多いかと思います。mineoでは申し込み時に必要な費用として「初期費用」と「SIM発行手数料」がありますが、この記事では「初期費用」と「SIM発行手数料」のことを「事務手数料」と表記しています。

mineoでは事務手数料はどのくらいなのか料金プラン別の事務手数料と、事務手数料が無料や割引となるキャンペーンはあるのかどうか調べてみました。

この記事ではその内容を共有致します。

スポンサーリンク

mineoの事務手数料(初期費用・SIMカード発行手数料)

mineoには現在、ギガ容量で月額料金が決まる「マイピタ」と、通信速度で選ぶデータ無制限の「マイそく」がありますが、いずれも基本として事務手数料が必要です。

料金プラン別の初期費用については以下となります。

mineoの初期費用(料金プラン別)
Aプラン・Dプラン・Sプラン共通
料金コース初期費用
マイピタ 音声+データ通信
1〜20GB/月
3,300円(税込)
マイピタ データ通信
1〜20GB/月
3,300円(税込)
マイそく音声+データ通信
スタンダード
3,300円(税込)
マイそく データ通信
プレミアム
3,300円(税込)
2022年8月8日調べ

mineoでは初期費用とは別にSIMカード発行手数料が必要です。

mineoのSIMカード発行手数料
Aプラン・Dプラン・Sプラン共通
料金コース初期費用
マイピタ 音声+データ通信
1〜20GB/月
440円(税込)
マイピタ データ通信
1〜20GB/月
440円(税込)
マイそく音声+データ通信
スタンダード
440円(税込)
マイそく データ通信
プレミアム
440円(税込)
2022年8月8日調べ

mineoでは、基本的に初期費用とSIMカード発行手数料が必要なことがわかりましたが、事務手数料が無料や割引されるキャンペーンがないか確認していきます。

\公式サイトをチェックする/

事務手数料が割引となるmineoのキャンペーン

2022年8月21日現在ではmineoの新規契約や他社から乗り換え(MNP)から事務手数料が無料や割引となるキャンペーンはありません。

しかし、mineo契約者が利用できる「ファンとく」や、新規や他社から乗り換え(MNP)の場合にも利用できるエントリーパッケージを利用することで初期費用を無料にできるサービスがあります。

mineo契約者が利用できる「ファンとく」

すでにmineo契約者が機種変や追加端末購入の場合に利用できる「ファンとく」では、契約事務手数料が無料になるエントリーコードをもらえるサービスはありますが、SIMカード発行手数料は発生します。

mineoのエントリーパッケージ

一部の売店やAmazon等で販売されているエントリーパッケージを利用すると初期費用のみ無料となる場合もありますが、パッケージ料金は販売元に支払いが生じ、WEB以外での申し込みの場合は契約事務手数料1,100円(税込)とSIMカード発行手数料が必要です。

事務手数料以外のmineoのキャンペーンを利用してみよう

2022年8月31日まではマイそくの月額基本料金割引や通話かけ放題割引キャンペーンなど、月額料金がお得になるキャンペーンが開催されていますので、事務手数料が割引等なくても、キャンペーンを利用してお得に使うことができます。

キャンペーンの期間は限定にはなっていても、更新される場合や期間を置いて再開される場合もあります。

mineoのキャンペーンなどの情報は公式ページでぜひチェックしてみて下さい。

\公式サイトをチェックする/

コメント

タイトルとURLをコピーしました