少し古いスマホを契約するメリットと活用方法

お役立ち情報

管理人が最近契約した iPhone 6S Plus ですが、現行のiPhone X や iPhone 8 と比較すると2世代も前の機種となります。

スマホを契約するにあたり、「最新のスマホを持ちたい!」という心情もあり、反面、「安くなるなら少し古い機種でもいいかな」という心情もあると思います。

今日はそんな少し古い機種の契約メリットについて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

スマホ本体が一括0円や1円で購入できる?!

管理人はiPhone 6S Plusをオンラインのソフトバンクショップで一括0円で購入しました。

記事執筆時(2018年5月4日)、Apple Store公式にてiPhone 6S Plus(128GB)を購入しようとすると、72,800円(税抜)となります。

Simロック解除の手続きを行えばSimフリー化されますので、様々なキャリアで使える端末となり、Apple Store公式に近いスペックになるのではないかと考えられます。

端末を一括0円で手に入れて、さらに月々割が適用されるプランでしたので、月々の維持費も安く運用する事が可能です。

2022年においてはさすがに一括0円という案件はありませんが、型落ちのiPhone12が一括1円で販売される機会もありました。

このような機会に遭遇した場合にちょうど乗り換えしようと考えていた人にとっては最新スマホではなくても十分にメリットがあると個人的には思います。

スマホケースも安くゲット?!

今回はこれがお伝えしたい部分です。

スマホケースって普通に新品のものを買おうと思ったら何千円〜としますよね。

しかし、ひと昔前のスマホですと、家電量販店・スマホケース販売店・インターネットショップなど様々な所で在庫処分セールを行っている事があります。

また、メルカリやヤフオクやラクマなどで検索すれば、かなり多くの品が見つかります。このフリマアプリ系がかなりおすすめです。

管理人は今回メルカリでiPhone 6 Plusのケースを購入してみました(管理人が契約したのはiPhone 6s Plusですが、iPhone 6 Plusのケースでもフィットしました)。

こちらの品は未開封新品で送料込み400円でした!激安!!

メルカリで検索する場合「機種名(例:iPhone6S) + 未開封」のように検索すると効率よく見つかります。

このように少し古い機種の場合、売る側も在庫を掃きたい気持ちがあり、処分特価となっている場合があります。

古いスマホの活用方法

古いスマホの活用方法としては、サブ機として使う方法や、スマホを持っていない親にLINEを入れて連絡用にあげる方法、格安SIMを入れて子供用のはじめてのスマホとして使う方法、など用途も様々考えられます。

サブ機として使う

最新機種でなくても十分な性能を発揮するスマホは多数あります。

高性能なスマホの場合はゲーム(3D)・動画撮影・編集等の高負荷な処理が必要な作業用に活用するのもおすすめです。

中性能~低性能なスマホの場合には、写真撮影・音楽プレーヤー・Youtubeなどの動画鑑賞・電子書籍・ドライブレコーダー用等、使用用途はこれに限りませんが、スマホの使える機能を部分的に使うサブ機として使うという方法もあります。

サブ機として使う場合には、普段使いのスマホと使い分けることでバッテリー持ちもよくなるメリットがある反面、2台持ちとなるため荷物が増える(重たくなる)デメリットもあります。

管理人
管理人

管理人は基本的にスマホを2台持ちしていますので荷物が重たいとデメリットと感じる時もありますが、データ容量やバッテリー持ちの面でバックアップがあると思えばそのメリットのほうが大きいと感じています。

LINEを入れて親にあげる

一括0円や一括1円のように安さに釣られてスマホを契約したものの、自分ではあまり使わなかったという人もいるかもしれません。その場合は自分で使うのではなく、身近な人に使ってもらうなどを検討してみるのもよいかもしれません。

古いスマホの活用法として、LINEアプリを入れて親にあげるということをしている人もいます。管理人の身近な所ではサブ管理人がそうしています。

サブ管理人の親は元々自宅の電話のみ使用していてスマホはもちろん、携帯電話も持っていませんでした。そのような状況でしたが、離れて過ごす子供等と連絡したいという気持ちは常日頃からあった様子。

サブ管理人
サブ管理人

今となっては古くなってしまったiPhone 6にLINEを入れて渡したらどうでしょう。最初こそ戸惑っていましたが、使い方を覚えると毎日子供たちと楽しくメッセージでやりとりしています。

メッセージを送り合うというだけの機能でよければ、古いスマホでも十分に活用できることもあります。

LINEを入れて親にあげるという活用法は一例ですが、子供のいる家庭では親にフォトフレーム用であげるのもよいかもしれません。

格安SIMを入れて子供用のはじめてのスマホに

LINEを入れて親にあげると状況はほぼ同じで自分では使わない場合、子供用のはじめてのスマホにも良いかもしれません。

Wi-Fi環境でのみ使えるスマホとして使うのも良いと思いますし、格安SIMで小容量プランのSIMを入れてあげるのもよいかもしれません。

小容量プランとしておすすめはpovo・楽天モバイル・LINEMO・格安SIMのMVNO各社(OCNモバイルONE・IIJmio・mineo・HISモバイル・LIBMO…など多数の会社から選べます!)です。

povoは0円〜使えますし、格安SIMのMVNO各社は月額1,000円を切った小容量プランも多数あります。

ハローモバイルワールドではスマホの料金プランの比較が行えますので、一番安いプランはどれかな?といったプランを簡単に見つけることができます。スマホの料金プランの比較ページを参考にご覧ください。

さいごに

今回は端末を一括で購入するメリットと、スマホケースがお得に買える可能性が高まる点についてお伝えしました。

スマホを購入したらできる限り傷をつけたくない、保護したい、という点から、スマホケースを購入する方が大半ではないでしょうか。

そのスマホケースについても最新機種のケースよりも安く購入できる可能性が広がります。

このように最新ではないスマホでも、お得となるメリットはあります。

参考になりますと幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました