当サイトは広告を設置しています(詳細

格安SIM の IIJmio で +(プラス)メッセージ は使えない?使えるプランはある?

IIJmio +メッセージ(プラスメッセージ) 使える?使えない?

こんにちは!サブ管理人です。

格安SIMの IIJmio はデータ専用SIMから音声対応SIMまでデータ容量により料金設定されていて、回線はドコモ回線のタイプDと au 回線のタイプAがあり、目的に応じて選べるプランが豊富です(音声eSIMは au 回線のみ、データSIMはタイプD・ドコモ網のみ)

他社から乗り換え(MNP)で契約時に特別価格でスマホをセットで購入できるキャンペーンを定期的に行なっていたり、時期によっては初期費用や通話かけ放題オプションの期間限定割引のキャンペーンもあります。

2023年4月1日からは、ギガプランの一部では月額料金がそのままでデータ量が増量されるなど、今後も目がはなせない格安SIM会社です。

月額料金は、音声SIMが 2ギガプランで月額850円(税込)から設定があります。たとえば10ギガプランでも1,500円(税込)です。

通話かけ放題のオプションもあるので、大手キャリアから乗り換え先の候補にもよいのではないでしょうか。

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアでは、通信会社の枠を超えてインターネット回線を利用したメッセージのやり取りができるサービス「 + メッセージ(以下 プラスメッセージ)」アプリを無料で提供しています(データ容量を使用します)

電話番号を知っている相手であれば、メッセージを送ることができる SMS は、送信する際に1通あたり料金( IIJmio の場合3.3〜33円(税込)/ 1通)がかかります。

また、1通あたりの文字数制限も短め(例:IIJmio の場合全角670文字まで / 1通)で、写真やスタンプなどは利用できません。

プラスメッセージは、アカウント作成は不要で電話番号を知っている相手同士で利用すると、 SMS より多くのデータをやりとりすることができ、別途料金も発生しません。

データ容量を使いますが、初期認証以外は Wi-Fi も利用可能です。

テキストメッセージは最大全角 2,730文字/1通、スタンプや音声録音データ、写真などの送受信をすることができます(データ量は最大100MB / 1回まで)。

注意点としては、相手がプラスメッセージアプリを利用していないと Android の場合は SMS 扱いとなり、iPhone の場合は送信ができないことです。

サブ管理人
サブ管理人

相手がプラスメッセージアプリを利用していないとSMSでのやり取りとなり、写真や動画などデータは送れませんし、テキスト文字数制限も短くなります。

そして、Android の場合は SMS 送信料がかかります!

お互いにプラスメッセージアプリを利用していると、アカウント作成の必要もなく1通ごとに送信料もかからないので気軽にメッセージのやりとりができますね。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから IIJmio のギガプランに乗り換えを検討する際「 IIJmio でもプラスメッセージは使えるのかな?」と疑問に思うことがあると思います。

格安SIMの IIJmio でもプラスメッセージを利用することができます。

\公式サイトをチェックする/
広告

IIJmio のギガプランではプラスメッセージが使える!

通信会社の乗り換え先としての格安SIMの IIJmio でもプラスメッセージを利用することができます。

プラスメッセージを新しいSIMや機種で初めて使う際は、SMSを認証が必要です。

IIJmio のギガプランでプラスメッセージを利用するには、SMSを利用できるSIMを選ぶことが必要です。

IIJmio のギガプランでSMSを利用できるSIMは、音声SIM / eSIM、SMS SIM の3種類です(※データSIM・データeSIMではSMSを利用することができないためプラスメッセージは使えません)

+メッセージを利用できる IIJmio のプラン・月額料金(税込)
音声SIM / eSIMSMS SIM
2ギガ850円820円
5ギガ990円970円
10ギガ1,500円1,470円
15ギガ1,800円1,780円
20ギガ2,000円1,980円
※2023年5月20日調べ
※音声 eSIM は au 回線(タイプA)のみ
※ドコモ回線(タイプD)au 回線(タイプA) いずれも同料金
サブ管理人
サブ管理人

サブ管理人も IIJmio(タイプD)でプラスメッセージ docomo を使っています。

IIJmio の電話番号にきた SMS もプラスメッセージアプリで受けとることができます。

\公式サイトをチェックする/

IIJmio でプラスメッセージは Android でも iPhone でも使える

プラスメッセージは IIJmio のギガプランで SMS に対応した 音声SIM / eSIM、SMS SIM のいずれかでの契約であれば Android、iPhone 共に使えます。

ただし、 Android、iPhone 共に IIJmio の SIM に対応している機種であること、タイプD の場合は NTT docomo のプラスメッセージ対応機種一覧に記載のある機種であること、タイプA の場合は au のプラスメッセージ対応機種一覧に記載のある機種であることが必要となります。

対応 OS は、Android 5 以降、iOS 13 以降とされていますが、最新の OS にアップデートしておくことが推奨されます。

Android、iPhone 問わず対応機種であっても、Android の場合は送信する相手も同じくプラスメッセージアプリを利用していないと、SMS として送信されてしまい SMS 送信料金が発生します。

サブ管理人
サブ管理人

IIJmio もプラスメッセージは利用できますので、プラスメッセージを利用してた相手とは今まで通り、データ通信料金内でメッセージや写真のやりとりができます。

※ Android で Google Play ストアからプラスメッセージをダウンロードする場合、IIJmio ギガプランの「タイプD」はプラスメッセージ docomo を、「タイプA」はプラスメッセージ au をそれぞれダウンロードして利用します。

\公式サイトをチェックする/

IIJmio に乗り換え(MNP)時にはプラスメッセージのユーザー情報引き継ぎを

月額料金を抑えたいなど、格安SIM の IIJmio に乗り換えようと思っても、プラスメッセージが引き続き使えるのか気になっていた方もいらっしゃると思います。

IIJmio では タイプD はドコモ回線で、タイプA は au 回線を利用しプラスメッセージを使うことができます。

送る相手もプラスメッセージを利用している場合は、インターネット回線を利用するためギガ容量は消費しますが、SMS送信料はかかりません。

IIJmio に乗り換える場合や機種をセット購入して機種も変更する場合、前もって プラス メッセージアプリでバックアップを取って、ユーザー情報引き継ぎを行っておくと、乗り換え先でも引き続き利用ができます(Android ⇄ iPhone はバックアップ・復元は不可)。

※バックアップ・復元は
・Android ⇄ Android:SDカード(SDカード対応機種のみ)、 Google Drive、「データお預かり」アプリを利用。
・iPhone ⇄ iPhone:iCloud Drive を利用。
・Android ⇄ iPhone:バックアップ・復元は不可
(メッセージルームごとにメッセージ履歴を保存することで、テキストデータの保存は可能ですが、写真や動画は保存できないため Google Drive や iCloud Drive に個別に保存することになります。)
※バックアップ・復元機能、ユーザー情報引き継ぎ機能については利用中の通信事業者公式サイト等で内容の確認を行なってください。

プラスメッセージのバックアップ・復元とユーザー情報引き継ぎは、アプリのマイページ > 設定 から進めることができます。

プラス メッセージ アプリ メッセージ画面
プラス メッセージ アプリ マイページから設定へ
  • バックアップ・復元
    メッセージアプリのマイページ > 設定画面の「メッセージ 」をタップ > 「バックアップ・復元」
プラス メッセージ アプリ 設定画面のメッセージをタップ
プラス メッセージ アプリ 設定のメッセージ画面からバックアップ・復元
  • ユーザー情報引き継ぎ(予約制)
    メッセージアプリのマイページ > 設定画面の「その他」をタップ > 「ユーザー情報引き継ぎ」
プラス メッセージ アプリ 設定画面のその他をタップ
プラス メッセージ アプリ 設定のその他画面のユーザー情報引継ぎ

※バックアップやユーザー情報引き継ぎがうまくいかない場合はそれまでのデータやユーザー情報が消えてしまうことがあります。
※ユーザー情報引き継ぎは、プロフィール情報・グループ情報・未受信メッセージ(2週間分)・ダウンロードしたスタンプ情報です。
※ユーザー情報引き継ぎを行なってから乗り換え先で利用するまでに有効期間があります。乗り換え前に確認が必要です。
※プラスメッセージを機種変更や乗り換え先で利用する場合は、前もって契約中の通信事業者公式サイト等で確認が必要です。

\公式サイトをチェックする/

IIJmio でもプラスメッセージ を利用できる

通信費の見直しで格安SIMの IIJmio に乗り換えを検討する際、プラスメッセージが使えるかどうか不安になることがあると思います。

IIJmio のギガプランで音声SIM / eSIM もしくは SMS SIM のプランであればタイプD(ドコモ回線)でもタイプA(au 回線)でもプラスメッセージ は利用することができます。

乗り換えの場合は事前にバックアップやユーザー情報引継ぎを行なっておくことが必要です。

アカウントを作らなくても電話番号だけで使えるプラスメッセージを利用している場合、格安SIM の IIJmio でも使えることが乗り換え先の検討材料のひとつになればと思います。

冒頭でも記載しましたが、IIJmio ではほぼ毎月他社から乗り換え(MNP)で音声SIMに契約する場合、契約と同時にスマホをセール価格で購入することができます。

キャンペーンを利用するにあたり条件はありますが、初期費用や通話オプションの割引が行われている場合もありますので、他社から乗り換え(MNP)時には IIJmio のキャンペーンページは要チェックです。

\公式サイトをチェックする/

当サイトでは IIJmio のキャンペーンを随時チェックし、次の記事で更新していますので、こちらもよかったら見てみてください。

コメント

  1. 鰹のたたき より:

    はじめまして
    先日、ワイモバイルより、IIJのドコモ回線に乗り換えました。
    ワイモバイル時代よりプラスメッセージを使用していましたが、乗り換え後に通知が来なくなりました。
    送信側では、チェックマークが出ないので、サーバーまでは届いているようですが、サーバーから端末まで送信されていないようです。
    送信に関しては問題なく届いています。
    何か解決策があるようでしたら教えていただきたいと思います。
    通知の設定は変更していないのでドコモのサーバ側の問題かなとも思います。
    よろしくお願いいたします。

    • サブ管理人 サブ管理人 より:

      鰹のたたきさん
      コメントありがとうございます!
      お使いの機種は iPhone ですか?Android ですか?
      乗り換え後に機種を変更されていますか?
      iPhone の場合はプラスメッセージアプリは1種類しかないのですが、Android の場合はSIMの利用回線によりドコモ版、au版、ソフトバンク版の3種類のアプリに分かれています。
      IIJmio のタイプD ドコモ回線をお使いとのことなので、ドコモ版のプラスメッセージを利用することになりますが、ソフトバンク版など回線と違うプラスメッセージを使っているということではないでしょうか。
      質問いただいたことに質問ばかりの回答になってしまい、恐縮です。
      鰹のたたきさんへのご回答としてお役に立てれるかどうかわかりませんが、Android の場合は利用回線による「プラスメッセージの種類」がはまりポイントな気がしています。

      • 鰹のたたき より:

        サブ管理人様
        ご返信ありがとうございます。
        結果として、解決できました。
        基本的なことでしたが、アプリのアンインストール、再インストールで解決できました。
        使用機器はiphoneです。
        iphoneアプリは1種類だけです。
        Androidはキャリア毎に分かれているのですね。
        乗り換え後もワイモバイルと同じ機種を使っています。sim差し替えのみです。
        iphoneの場合、(私だけかも知れませんが)キャリアがかわったら、アプリを入れ直すことが必要になるかも知れません。バックアップ取れば再インストールした際にバックアップで簡単に戻せました。
        アドバイスありがとうございました。

        • サブ管理人 サブ管理人 より:

          鰹のたたき様
          ご返答いただきまして、ありがとうございます。
          iPhone をご利用されていたのですね。Android のことが主な返答になってしまっていて、失礼いたしました。
          iPhone はアプリが1種類だけなので、回線が異なる場合はプラスメッセージアプリのアンインスロールを一度してから再度インストールすると使えたということは、こちらとしても勉強になりました。
          バックアップもやはり大切ですね。
          体験されたことを共有いただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました