当サイトは広告を設置しています(詳細

FCNT 民事再生手続開始で らくらくスマートフォン や arrows は製造・販売・サポートを停止…ドコモ・au・SBは販売継続の意向

FCNT 民事再生手続開始 らくらくホン らくらくスマートフォン arrows どうなる

こんにちは!管理人です。

FCNT株式会社の民事再生手続開始、、、ショックですね。

FCNT株式会社のプレスリリース・お知らせを確認すると、2023年05月30日(火)のニュース「民事再生手続開始の申立て及びスポンサー支援に係る意向表明受領のお知らせ」が一般公開されています。

このお知らせを読んでみると、円安の影響により原価や費用が急激に高騰、資金繰りが悪化したと記載されています。

シニア向けSNS等スマートフォンの利用に関連したサービスについてはスポンサー支援の意向があるようです(サービス事業等の内容までは詳細に記載はありませんが、おそらく、らくらくコミュニティ・らくらく湯旅・らくらくまめ得などのサービス事業部分ではないかと思われます)。

しかし、肝心のスマートフォンの製造・販売・修理・アフターサービス事業についてはスポンサー支援の意向が今の所ないとの事です。

FCNT株式会社と言えば、らくらくホン、らくらくスマートフォン、arrows シリーズなどがありますが、これらスマートフォンの製造・販売・修理・アフターサービスを停止するとも記載されています。

一方、このお知らせを受けて NTTドコモは同日に「「らくらくホン/らくらくスマートフォン」および「arrowsシリーズ」などのFCNT社製品の販売・サポートについて」というお知らせを公開し、アフターサポート体制を整えて販売を継続する、と記載されています。

また、ソフトバンクも同日に「FCNT社製品の「arrowsシリーズ」の販売・サポートについて」というお知らせを公開し、アフターサポート体制を整えて販売を継続する、と記載されています。

au も同日に「FCNT社製品の販売・サポートについて」というお知らせを公開し、アフターサポート体制を整えて販売を継続する、と記載されています(6月1日追記)。

広告

しかし、FCNT株式会社が修理を停止してしまうとなると・・・修理が必要な場合は新しく買い替える、または別の機種に機種変更するというようなサポートになるのでしょうか。

急なことでしたので各社の具体的なサポートは記されていませんが、FCNT株式会社の民事再生手続開始のお知らせはユーザーにとって不安になるものです。

FCNT株式会社のスマートフォンの製造・販売・修理・アフターサービス事業について、スポンサー支援の意向があればそれがユーザーにとって安心材料になるとは思いますが、難しいでしょうか。

スポンサーの出現があれば、らくらくホン、らくらくスマートフォン、arrows シリーズの存続も関わってくるかと思いますので、今後の動きが気になります。

先日の Balumuda Phone 、京セラに続き、本日の FCNT 、、、

スマートフォン事業(スマートフォンメーカー)がどんどんと縮小されていく印象がありますね😢

気になる事
人気ブログランキング FC2 ブログランキング
この記事を書いた人
管理人

当ブログの管理人です。スマホやパソコンなどのガジェットいじりが趣味。気まぐれで実機レビュー、スマホ料金の見直し、お得情報などを発信しています。写真に時々登場する羊毛フェルト(ぬいぐるみ)は管理人作。

管理人をフォローする
ハローモバイルワールド

コメント

タイトルとURLをコピーしました