ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えしてみた件(移行特典あり)

ソフトバンクからワイモバイルへ移行キャンペーン SIMカード届いた契約

こんにちは!サブ管理人のymkです。

今回はソフトバンク利用からMVNOのワイモバイルへ契約を変えてみた記事を書いてみたいと思います。

ソフトバンクをやめようを思った理由

なぜソフトバンクをやめてMVNOにしようと思ったのか。単純な理由です。2年間で割引対象部分がなくなり、月額利用料が高くなるから!です。

以前、ワイモバイル利用からキャンペーンでソフトバンクに移行しました。そうするとソフトバンクを2年間はお得に使えるという内容だったからです。また、キャンペーン利用でiPhone8を24回月賦払で入手もできました。

なお、その際入試したiPhone8のSIMフリー化は済んでいます。その記事はこちら。

ソフトバンクのiPhone8をSIMロック解除してみた(別のSIMカードがない場合)
こんにちは!サブ管理人のymkです! 私、パソコンやスマホにもそこまで詳しくないのですが、いつでも乗り換えできる気楽さがあるからではなく、本当に単純に「SIMフリー化、やってみたい!」という、好奇心からiPhone8をSIMロック解除...

さらに、simはソフトバンクのままSIMフリーのiPhoneXRに挿して、現在はiPhoneXRを利用しています。

iPhone8からiPhone XRに変えてみた!(simはソフトバンクのまま)
こんにちは!サブ管理人のymkです! 時代を先取り!じゃなく、いつも後から追いかけるタイプの私です。faceIDの認識に抵抗を感じていた私ですが、メイン管理人が、ノートPCでface認証している姿をみて、今更ながらに便利さに魅力を感じ...

ソフトバンク利用の月額現状

ソフトバンクの支払い現状は下記の通りです。

  • iPhone8機種代金:分割支払金(2020年3月完済)1,455円
  • 通話定額基本料 4,200円+スマ放題 専用2年契約 ▲1,500円
  • 通話定額基本料 0円+通信サービス「0570等」300円
    (通話料無料ですがナビダイヤル等は除外の為、利用した月は発生しました)
  • 通信料 データ定額ミニ(2GB) 3,500円+おうち割光セット ▲500円
  • オプション:ウェブ使用料 300円+ソフトバンクwi-fiスポット 0円(467円分無料特典)
  • ユニバーサル料 2円
  • 割引:月月割 ▲2,919円(2019年9月12日受付終了)+ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム ▲1,000円+下取りプログラム(のりかえ)▲450円

以上で、毎月3,000円〜3,500円くらいの支払いで利用していました。

ソフトバンク利用3年目からどうなるのか

機種代分割支払金は完済なので1,455円は3年目からは0円になります。スマ放題 専用2年契約 ▲1,500円ですが、2年縛りや違約金廃止制度で料金プランが変わっているので、新料金プランだとこの割引と同等のサービスは受けることができそうです。

ただ、割引に関しては、3種類とも、通話料・通信料等が24ヶ月間割引になるサービスで、いずれも2020年3月で割引期間終了でした。

単純計算だと割引されていた分がなくなるので4,400円ほど値上げになり、月々の支払いが8,000円ほどになります。新料金プランにガラリと変えたとしても、ソフトバンクのメリハリプランに通話料5分間無料をつけると、機種代抜きにしても、結局毎月8,000円くらいになります。

だったら、MVNOで十分!そう思い、早速ソフトバンクにMNP手続きのため、電話しました。

ソフトバンクからの提案

MVNOにする旨を伝え、MNP手続きをソフトバンクにお願いしました。

すると、どこのMVNOを検討中なのか尋ねられたので、電話かけ放題プランをつけても月額4,000円くらいのプランがあったUQにしようかと考えていることを伝えました。

そこでこんな提案をされました。

「お客様は以前ワイモバイルをご利用されていて、ソフトバンクに移行されましたので、ワイモバイルはご利用経験があるかと思います。再度ワイモバイルはいかがでしょうか?ソフトバンクからの移行ですとオンラインストア限定ですが、特別オファーがございます」

ワイモバイル→ソフトバンク→ワイモバイルで、キャンペーンやオファー料金使えるの?!って思ったのですが、ソフトバンクさんからのご案内ですもの。ありがたく利用させていただこう!ということになりました。

ちなみに以前、管理人もワイモバイル→ソフトバンクにキャンペーン利用で移行しています。その時の記事はこちら。*2018年4月時点のキャンペーンとなります

さらに2台ゲット!iPhone 6s Plus 一括0円!ワイモバイルからソフトバンクへ移行完了。
先月、ワイモバイル2台が契約から1年を迎えました。 「ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム」というソフトバンク独自のキャンペーンが用意されています。新規事務手数料無料、契約解除料無料(違約金なし)、番号移行手数料無料(M...

ソフトバンクからワイモバイルへオンラインストア限定オファー

以下が、ソフトバンクからワイモバイルに、オンラインストアで移行した場合の割引内容です。(2020年3月29日現在)

  1. オンラインストア限定割引 5,000円(1回だけですが、1回目の支払いがこれより下回る場合は翌月繰り越して割引してもらえます)
  2. 新規割で契約翌月から6ヶ月間基本料金から最大770円が割引
  3. ソフトバンクのMNP転出手数料3,300円とワイモバイル契約事務手数料3,300円が両方無料
  4. 契約翌月から7ヶ月目から12ヶ月間最大1,000円割引(こちらは明記されていないご案内になりますと電話口で案内されましたので、7ヶ月目以降を待ってみたいと思います)

ソフトバンク→ワイモバイルのオンラインストア限定オファーの申し込みURLは、ショートメッセージ送られてきます。URLをクリックすると専用申し込みページが開きます。内容をみて、SIMカードの種類、料金プラン、オプション等を選び、メールアドレスと支払い方法を登録するだけの作業!

もともとソフトバンクを利用していたので、マイソフトバンクに個人情報の登録があり、そのまま引継ぎでワイモバイルに申し込みできますので、とても簡単でした!!

のりかえでのワイモバイルsimカード契約申し込み内容

  • SIMカード ワイモバイル4G<nano>:0円
  • 月々支払い額(表示価格は税込)
  • スマホベーシックプランS(3G→4G):2,948円
  • オプション1 スーパー誰とでも定額:1,100円
  • オプション2 データ増量オプション:月額無料
  • 新規割(翌月から6ヶ月間):▲770円
  • 合計毎月 3,278円

オプション1のスーパー誰とでも定額は、選んで申し込みました。選ばなくても10分間は国内無料通話がついています。私の場合、両親や叔母とは電話で10分以上話すことがあり、他にも電話を使う場面はあるので、気兼ねなく使えるよう申し込みしました。MVNOで探していた際、電話し放題プランが一定額であるかどうかが大きなポイントとして検討をしていたので1,100円の追加定額料金でかけ放題になるのは大きなメリットでした。

データは、スマホベーシックプランSで月々3G、さらに月額無料のデータ増量オプションで4Gまで使えます。このデータ増量オプションは、新規、のりかえ、PHSからの契約変更の場合、500円/月が1年間無料となります。1年経過後は500円/月がかかるので、1年後に自分が使っているデータ量で増量プランを外したりしてもいいと思います。wi-fiと併用すれば十分なので、プランSを選びました。

スマホベーシックプランについて詳しくはワイモバイルの公式ホームページで確認できます。

申し込みが完了すると、登録したメールあてにY!mobileオンラインストア お申し込み完了のお知らせというメールがすぐにきます。内容を確認して、SIMカードが送られて来るのを待ちます。

ワイモバイルのSIMカードがきた

オンラインで申し込み手続きを済ませると、翌々日午後に届きました、ワイモバイルのSIMカード!(今回は佐川急便で届きました)

ソフトバンクからワイモバイルへ移行キャンペーン SIMカードと案内

さて!ではいよいよSIMカードをソフトバンクからワイモバイルに差し替えましょう!

ソフトバンクからワイモバイルへSIMカード変更

ワイモバイルから届いた封書にSIMカードと同封されていた書類の内容に従って進めて行きました。スマホ本体は手元にあるのもを利用し、SIMだけ交換します。その場合スマホ本体がSIMフリー化がまず必要になるので、できていない場合、同封書類の「SIMカード単体(電話機の購入伴わない)ご契約のお客様」からしっかり読んで進めましょう。

私は前述通り、SIMフリーのiPhoneXRを利用していたので、次のステップで「ワイモバイルカスターセンター切替え窓口」に電話をし、回線の切替手続きをします。音声ガイダンスに従って、電話番号等を入力するだけです。ガイダンスの案内によると、回線の切替には1〜2時間要するとのこと。1時間も待ってられないなぁと思い、つい30分ほどでwi-fiを切ってみてみると、ソフトバンクの回線はすでに繋がらなくなっていました。

ということで、早速SIMカードを交換です。まずiPhoneの電源を落としてからしましょう。

SIMの向きは形をよくみるとわかりやすいです。

交換して電源を入れ直すと、すぐにショートメッセージが入ってきます。

「電源を入れ直し、電話番号が表示されるかご確認ください。電話番号の確認が終わりましたら本メールは削除してください」

しかし、特に画面に電話番号は出ませんでした。SIMカード入れ替え前を変わらない待ち受け画面のままです。wi-fiを切ってみると4Gの表示はちゃんと出ますし、iPhoneの設定→一般→情報をみると、主回線のキャリアは「ワイモバイル40.0」と出ていました。

次にまたショートメッセージが入ってきました。

「【重要】Y!mobile利用開始設定のご案内」とURLです。

添付のURLサイトからワイモバイルのメール設定等を行います。ソフトバンクのときに使っていたヤフーIDと連携できたので、こちらもとても簡単にすみました。同時に、APN設定も完了しました。

詳しくはワイモバイル公式ページの初期設定方法にも出ています。

試しに、電話を家族にかけてみると普通に利用できましたので、問題なさそうです!!

ソフトバンクからワイモバイルへSIMカード変更した感想

初めはワイモバイルにするつもりはなかったのですが、ソフトバンクからのオファーをいただき、またワイモバイルに戻りました。オンラインでの手続きも初めてでしたが、ソフトバンクの担当の方のご説明もわかりやすく、オンラインページも見やすくて操作も簡単に進めたので、びっくりするほど簡単でした。APN設定と言葉だけで難しく感じますが、画面に出るがままですし、公式ページでもわかりやすく出ているので、安心です。

他のMVNO各社と同じような月額で、事務手続き手数料も無料で、移行がこんなに簡単なので、とてもありがたいなと思いました。以前ワイモバイル利用していたので安心感もあります。

ソフトバンクからMVNOへの乗り換え先をお悩みの方のご参考になればと思います。

*2020年3月末の情報であること、筆者個人が電話で受けたサービス内容であること、そして、あくまでも個人の感想であることをご了承ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました