携帯料金の見直し
スマホ料金比較で自分にピッタリのプランを!

格安SIMのSIMって何?SIMカードの種類やサイズについて

初めての格安SIMと格安スマホ
スポンサーリンク

スマホ代を安くしたいし、格安スマホにしようかなと思ったとき。格安スマホと格安SIMって違うのかな?と思われたことはありませんか?格安スマホは月額代金が安い通信会社と契約して利用するのですが、実際のところ、契約はSIMカードのみになるのです。

スマホを契約したり、機種変更したりを、docomoやauやソフトバンクのショップで行うと、このSIMカードは入った状態で手元にきます。

ショップではなくインターネット(オンライン)で契約をして、スマホ本体は今まで通りの機種を使うときはSIMカードだけが送られてきて、自分でSIMカードと交換して設定するという手順になります。

SIMカードってなに?

SIMカードとはスマホやタブレットで携帯電話回線で通信するときに必要な小さいICチップです。電話番号を始め、契約者情報が入っており、基本的には契約した通信会社からこのカードを借りて利用しています(解約時はSIMカードの返却が必要になる場合もあります)。

SIMカードがなくてもWi-Fi回線を利用してネット回線を利用することはできますが、Wi-Fi環境がある家の中でのみ使うということでもない限り、SIMカードを契約しないと通信できないということになります。

スマホの側面にある小さい穴に専用の針(SIMピン)をさして、SIMカードを入れるトレイを開けて出し入れできるのですが、このカードのサイズはどんどん小さくなって、現在3種類のサイズで標準SIM、microSIM、nanoSIMがあります。

SIMカードどれ

ご自身のスマホがどのサイズかは、SIMトレイを開けてみることも可能ですし、契約している通信会社やスマホメーカーのホームページで機種を指定してスペック情報をみると、記載させていたりします。

トレイを開けて、SIMカードを確認したことはありますが、トレイもSIMカードも小さいので、失くさないように緊張しました〜!(SIMカードの交換方法は次のURLで解説しています)

標準SIM、microSIM、nanoSIMのサイズはこんなに違う?!

SIMカードの種類とサイズ(寸法)比較
SIMカードの種類とサイズ(寸法)比較

標準SIM

標準SIMは、SIMカードでは一番大きく、25mm×15mmです。iPhoneでは、初代から3GSまでの端末、Androidでも比較的古いスマホが対応していました。

標準SIMカード
素材元:標準SIM

microSIM

microSIMカードは、だれでもスマホを持つ頃になったとき、おそらく一番よく見かけたサイズかもしれません。15mm×12mmの大きさで、標準SIMより結構コンパクトになりました。2003年に誕生したらしいのですが、iPhone 4とiPadが発売された2010年に導入され、一気に広がったそうです。

マイクロSIMカード
素材元:microSIM

nanoSIM

nanoSIMカードは今、最も小さいサイズになり12.3mm×8.8mmです。ちょっとしたことでどこかに失くしてしまいそうで、実物をさわるときはドキドキします。2012年発売のiPhone 5で採用されてから、今は主流となっています。

nano SIMカード
素材元:nanoSIM

マルチカットSIMカード

3種類のサイズがあるSIMカード、機種によりどのカードかは機種メーカーのホームページ等で確認もできますが、世の中には標準SIM、microSIM、nanoSIMの好きな大きさにカットして使えるように切り目が入ったマルチカットSIMカードというものあります。間違えて小さいサイズに切ってしまわないようにしないと・・というプレッシャーを感じた記憶があります(^^;

これからはeSIM?

最近ではeSIMという言葉をききませんか?私も数年前にIIJでその存在を知りました。スマホ本体に組み込まれていている小さなICチップで、スマホから出し入れすることはありません。

契約を行った通信会社から案内がありますが、アプリや各ホームページ等から設定ファイル(プロファイル)をダウンロードして利用します。各通信会社もわかりやすいマニュアルをWebで出されています。

でもまだまだ主流ではないので、今後どうなるのかは気になります。

私は初めてeSIMを利用したのは、楽天モバイルでRakutenMiniを使ったときでした。さらに、その後eSIMをnanoSIMに変更したこともあります。(SIMカードの変更時には各通信会社で手数料がかかることがほとんですので、それぞれご自身でご確認ください。)

その時の記事はこちら!

・楽天モバイルでRakutenMini

・eSIMをnanoSIMに変更した

SIMは何の略?SIMの正式名称について

ところで、SIMと連呼していますが、何の略かご存知ですか?管理人もサブ管理人も、総務省のホームページをみるまで、あまり意識したことがありませんでした。知ると「なるほどね」と納得のワードになっていました!

SIMは「Subscriber Identity Module」が正式名称です。

まさかSIMのSがサブスクライバーだとは!!直訳すると「契約者を識別するモジュール(部品)」でしょうか。まあ、契約して月賦払いしていますので、改めて言葉を聞くと納得しました。

ではeSIMは?というと「Embedded Subscriber Identity Module」です。Embeddedは「組み込まれた」という意味なので「(スマホ本体に)組み込まれた契約者を識別するモジュール(部品)」なのですね。これもまたイメージしやすくなりますね。組み込まれてしまってるので、取れない・・・分かりやすくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました